パッケージ製作の特徴

パッケージ制作の特徴

お客様の使用する用途によってどのような箱やスリーブ等が最適なのか、
お打ち合わせしご提案いたします。
また必要に応じてサンプルも作製いたしますのでお気軽にご相談ください。

パッケージの種類

底組箱
底組箱

胴の部分が糊付けによって筒状になっているので、箱を広げてフタや底面を差し込むだけで簡単に組み立てることが出来ます。細い寸法の箱でも立て易く、縦方向のデザイン、ディスプレイにも向いています。

Read more
ワンタッチケース
ワンタッチケース

作業効率に優れた形状です。折りたたんだ状態から箱を起こすと自動で底面が組み立てられる作業効率に優れた形状です。2箇所を糊付けしてあるので重量物に強い構造になっています。上面はキャラメル箱と同じ形状になります。

Read more
サック箱
サック箱

箱の上下に差し込みのフタがついた物をいいます。キャラメルを入れるパッケージがこの形状だったので「キャラメル箱」という呼び名で広く知られています。よく使用される箱になっています。

Read more
スリーブ
スリーブ

何かを包む際に多く使われることがあります。

Read more

Flow

ご注文の流れ

ご注文の流れ
ご注文の流れ

パッケージデザイン、
商品パッケージのお見積り

お気軽にお問い合わせください